ニゾラールクリームで嫌な水虫菌を殺菌!

水虫に感染後ニゾラールで治しても低温で休止している

水虫というのは白癬菌に感染する事によって発症する病気であり、日本人の五人に一人が水虫に感染していると言われています。
白癬菌は保菌者の剥がれ落ちた皮膚などに触れるなどして皮膚に付着すると、皮膚の角質層に侵入しようとします。
侵入には24時間かかるのですが、侵入されて感染した場合は自然に水虫が治るという事は無く、薬を用いて治療をする必要があります。
その水虫に有効な治療薬がニゾラールです。
ただ、ニゾラールで治療を行っても50%の人は再発すると言われています。
その原因というのは、薬を用いて症状が収まったら治ったと勝手に思い込んでしまい使用を止めてしまうのですが、実際には角質層の奥にまで白癬菌の生き残りがいるというものです。
白癬菌は高温多湿な環境を好むのですが、逆に低温乾燥している環境は苦手で秋から冬にかけては活動を停止するのですが、その間も角質層の奥で潜んでいて、それが暖かくなってくると再び活動を活発化させて再発するというものです。
最近では住宅の気密性が上がった事で白癬菌が活動するのに適した環境になりやすく、あるいはブーツなどを長時間履く事で白癬菌が活動するのに適している環境が用意されたなどといった理由から秋や冬でも白癬菌が活動する事も考えられます。
ただ、活動していようがそうで無かろうがしっかりと白癬菌を死滅させる事が大切である事には違いないです。
そのためには皮膚科に言ってきちんと専門医に相談した上で治療を行い、症状が収まったからといって勝手に治療を続けるのを止めてしまう事はせず、きちんと白癬菌がいなくなるまで続けることが大切です。
自己判断はトラブルの元になる事が多いですが、水虫についてもそれは言えるのです。