ニゾラールクリームで嫌な水虫菌を殺菌!

ニゾラールクリームに配合されているケトコナゾール

ニゾラールクリームに配合されているケトコナゾールはイミダゾール系と呼ばれる抗真菌薬であり、真菌に対して幅広く有効で強力な殺菌作用を持っています。
真菌というのはカビの仲間の事であり、皮膚真菌症の主な原因である白癬菌に対して有効な他、カンジダ菌などほかの真菌に対しても効果があります。
白癬菌に感染すると聞くとイメージが分かりにくいかもしれないですが、一般的にもよく知られている白癬菌に感染する事で起きる病気として水虫が挙げられます。
水虫は白癬菌が原因で起き、そのまま放っておいても治るものでは無いですが、ニゾラールクリームの中に含まれているケトコナゾールならば完全に治す事が可能です。
ケトコナゾールは継続使用が大切ですので、完全に治るまでは使い続けましょう。
どのようにして白癬菌に対して働きかけるのかというと、真菌の細胞膜を構成する主な成分であるエルゴステロールが作られる事を阻止する事で死滅させる事が出来るのです。
真菌に対して有効ならば人の細胞に対しても有効でクリームを塗った際に周囲の細胞にまで影響があるのではないかと心配する人もいるかもしれないですが、それについては考えられた上で用いられています。
真菌と人の細胞とは全く同じように構成されているわけでは無く、抗真菌薬というのは方法は薬によっても違いますが細胞の違いを利用して人の細胞に対しては影響を与えずに真菌に対してのみ働きかけるようになっているのです。
そしてケトコナゾールの場合はそれがエルゴステロールの合成を阻害する作用であり、ニゾラールクリームを患部に塗れば真菌を死滅させる事が出来るので、使っていれば水虫の治療をする事ができます。
ただ、真菌感染症によってはクリームでは対処が困難なケースもあり、真菌に対して有効であるとは言ってもクリームで全ての真菌症に対して対応する事が出来る訳では無く、症状に応じて有効な治療薬は変わってきます。

ニゾラールクリームは副作用が少ないのが嬉しい!

真菌による皮膚感染症の治療に用いられるのがニゾラールクリームで、主に白癬菌によって感染した水虫やカンジダ症で効果を発揮します。
名前通りクリーム状の塗り薬で、感染部位に塗布することで抗真菌作用を発揮し、真菌が増殖したりかゆみなどを引き起こす症状を抑えることができます。
ニゾラールクリームの主成分はケトコナゾール、アゾール系のうちのイミダゾール系に分類され、強い抗真菌作用を示します。
白癬、カンジダ以外にも広い抗真菌スペクトルを持ち、癜風や脂漏性皮膚炎の治療でも使用されることがあります。
持続性があり1日1回の塗布で済むのに加え、塗り薬という性質上、全身に作用しないため副作用がほとんどありません。
刺激もかなり抑えられていて、よほど肌の弱い人でない限りは塗布した後の刺激痛に悩まされることもないはずです。
ただし、重度の水虫で肌が化膿していたり、皮膚が剥けて肉が見えているような状態では使用できないので注意しましょう。
ニゾラールクリームの副作用としては、皮膚がしみる、ヒリヒリするなどの刺激感と、紅斑や発赤、かゆみ、かぶれといった皮膚症状が起こる可能性はあります。
とはいえ、頻繁に起こるものではなく、ほとんどは刺激に弱い体質、患部が重症化している人でしか起こらないようです。
安全性は高く、真菌への治療効果も高いので多くの人が利用しているのが現状です。
厚生労働省によって認可されていますが、市販薬としての販売は認められていないため、近所のドラッグストアや薬局などでは販売されていません。
安全性は確立されていますが、入手方法は病院での処方によって必要と判断された場合のみ、または個人輸入によるネット通販のみです。

ニゾラールクリームの価格はいくらくらい?

水虫やカンジダの感染症を治療するために用いられるニゾラールクリームは、ケトコナゾールを主成分にしたイミダゾール系の抗真菌薬です。
文字通り塗り薬となっていて、皮膚から薬剤を浸透させるため、全身に作用することがなく副作用が少ないのと、皮膚への貯留性が高いため、1日1回の塗布で効果が出るというのが特徴です。
刺激性も少なく、塗布した後の刺激痛にも悩まされることはないので気軽に使用することができます。
ニゾラールクリームの購入方法は病院からの処方、または個人輸入代行サイトからの購入のみです。
厚生労働省によって認可されていますが、国内では市販されてはおらず、必ず病院で診察を受けてから処方してもらわなければ購入できません。
国内処方でのニゾラールクリームは2%の成分が含有され、1gあたりの薬価は36.9円となっています。
健康保険が適用された3割負担の価格で、たとえば10mgが処方された場合は369円となります。
健康保険が適用できない場合は全額自己負担として1,300~1,500円ほどかかります。
海外から購入する個人輸入の場合、成分が2%含有したクリームで1箱15g入りとなります。
15g入り1箱の平均相場は2,000~3,000円ほどで、1gに対する単価として133~200円ほどです。
健康保険が適用されるのであれば、病院での処方のほうが安く購入できます。
基本的に個人輸入で入手する方が高くつくので、費用を安く抑えたいのであれば国内で購入したほうが良いかもしれません。
病院に行く暇がない、水虫と診断されるのが恥ずかしいといった人であれば、直接自宅に送ってもらえるので、誰にも見つからずに購入できる個人輸入の方が良いでしょう。